事業承継の手順

 トップページ   >  事業承継  >  事業承継の手順

事業承継の手順

事業承継フロー

事業承継を円滑に進めるためのステップをご紹介します。

  • 1 会社や資産の現状を把握する

    事業承継計画を立案する為には、現在の自社の状況を正確に把握することが必要になります。 主に以下の事項について、現状を把握します。
    (1) 自社株の状況、株主構成
    (2) 従業員の状況
    (3) 会社の財務状態
    (4) 後継者候補の状況
    (5) 個人名義の資産の現状

  • 2 後継者の確定と事業承継方法の決定

    事業承継の方法は、大きく
    (1) 親族への承継
    (2) 従業員等への承継
    (3) M&A
    の3つに分かれます。 どの方法で事業承継をするかは、会社の状況により変わってきます。
    通常は、経営者の親族に候補者がいる場合その中から後継者候補を選ぶことになります。
    その場合でも意思、能力を含め様々な観点から適性を見極めなければなりません。
    また、親族内に候補がいない場合、M&Aも考慮に入れた第三者への承継を考えなければなりません。 いずれにしろ早期に事業承継の方法を決定しておかなければなりません。

  • 3 事業承継計画の策定

    後継者の決定または承継方法が決まった場合、後継者への株式・事業用資産の集中、また相続が発生した場合の相続財産の調整、税務対策等、事業承継で発生すると思われる様々な問題に対しての対策を考慮した上で、いつ、どのように行うか事業承継の具体的な計画とスケジュールを作成します。

  • 4 事業承継計画の実行・見直し

    具体的な計画を立てた後は、スケジュールどおり実施します。
    しかし、計画立案時に前提としていた経営環境の変化、経営者や後継者の突然の死等、不測の事態が生じる可能性があります。 このような場合にはもう一度計画を見直し、事業承継がうまくいくように臨機応変に対応する必要があります。

疑問、不安、ご要望をお持ちの方は

株式会社トマック M&A事業部

0766-25-4533

平日 午前9時~午後5時