事業承継の3つの方法

 トップページ   >  事業承継  >  事業承継の方法

事業承継の方法

親族内承継

親族の中から後継者を選ぶ方法です、中小企業では最も多い承継方法です。 ご子息への承継を考えておられる場合は、早めに会社を継ぐ意思があるかどうかを確認しておかなければなりません。継ぐ意思がある場合は、後継者教育を含めた事業承継計画を立てられることをお勧めします。また、ご子息に跡を継ぐ意思がないことが判明した場合、別の承継方法を考えなければなりません。

【メリット】

  • 従業員や取引先等の関係者から理解が得やすい。
  • 早期に会社にご子息を入社させることにより、後継者としての教育がしっかり行える。
  • 株式や事業用資産の移転がスムーズに行える。
  • 承継時期を柔軟に決定できる。

【デメリット】

  • 親族内に経営者としての資質と意欲のある者がいるとは限らない。
  • ご子息がそもそも事業を継ぐ意思がない場合がある。
  • 相続人が複数いる場合、株式・事業用資産の後継者への集中が難しい。

>>  親族内承継についてもっと詳しく

従業員等への承継

従業員への承継を考えておられる場合、候補者を誰にするか、株式の買い取り資金や個人保証の問題等、可能であるかどうか慎重に検討しなければなりません。 必ず、専門家にご相談されることをお勧めします。

【メリット】

  • 従業員や取引先等の関係者から理解が得やすく、特に社内からの反発は最も少ない。
  • 社内文化が大きく変わることはない為、承継後、事業に支障がでることが少ない。
  • 社内業務や業界に精通している為、業務の引き継ぎに関してはスムーズに行く。

【デメリット】

  • 後継候補者に株式や事業用資産を買い取る資金がない。
  • 個人保証の引き継ぎは極めて困難。

>>  従業員等への承継についてもっと詳しく

M&A

親族や社内に後継候補がいない場合でも、第三者に株式や事業を譲渡することにより、経営権を移転します。 事業の存続および雇用の確保、取引先との関係の継続が可能であると同時に、株式売却による創業者利潤の獲得により経営者様のハッピーリタイアを実現できます。

【メリット】

  • 後継者候補がいなくても会社を存続させることが可能であり、廃業を回避できる。
  • 従業員の雇用確保を図れる。
  • 株式売却により創業者利潤の獲得が出来る。
  • 個人保証から解放される。

【デメリット】

  • 第三者が経営者となる為、経営理念の承継が困難。
  • 従業員が離反する可能性がある。

>>  M&Aについてもっと詳しく