M&Aとは

M&A

M&Aとは

M&Aとは(Mergers&Acquisitions)の略で、企業の合併・買収のことを言います。
具体的には、株式の譲渡・譲受、事業の譲渡・譲受、合併、資本提携のことで、言わば「会社同士のお見合い・結婚」です。最近では、地域の中小企業が事業承継、後継者対策、雇用確保、既存事業の拡大、新分野への進出などで、積極的にM&Aを活用するケースが増えています。

M&Aの種類

M&Aには、別事業を展開する方法、部門を強化する方法、会社を譲渡する方法と、一部を譲渡する方法があり、それぞれ次のような手法があります。M&Aを行う際には、専門家と相談し、自社にふさわしい方法を選択することが必要です。

別事業展開する方法
「(人口減少および高齢化の進展による需要の減少に対応するため、また現在の事業に対する将来的な不安から)、新規事業の展開をお考えの場合、M&Aは非常に有力な手段となります。」
新規に事業を立ち上げ、軌道に乗せる場合多くの経営資源および資金と長い時間をかけなければなりません。現代のような経営にスピードが求められる時代では、時間をかけて新規事業の展開を図っていては、ビジネスチャンスを逃してしまいます。  それに比べ、M&Aを活用し、別事業の展開を行った場合、新規の立ち上げに比べ低コストの投資で済むと同時に今後のコスト予測も立てやすく、更にゼロからの立ち上げに比べて圧倒的に速いスピードで事業展開が図れます。
部門強化する方法
M&Aと言えば会社そのものを買うという場合だけではありません。事業譲渡、会社分割という手法を使うことにより、自社に足りない経営資源を他社から譲受けることにより、弱体部門の強化および既存事業の更なる発展を可能にします。
会社を譲渡する方法 →  譲渡企業のメリットへ
最も基本的な方法は、株式の売却行います。 株主が変わるだけであり、会社そのものは包括的に承継され、取引、雇用契約、許認可関係等はそのまま引き継がれます。
後継者が不在であり、事業の存続を考えておられる方や、会社を譲り、ハッピーリタイアをしたい方に有効な手段です。
会社の一部を譲渡する方法 →  譲渡企業のメリットへ
不採算部門の撤退や、事業の一部を売却しその資金で主力事業への集中をお考えの場合、事業譲渡、会社分割といった手法の活用により、事業の一部の売却が可能です。
不採算部門からの撤退により収益の改善が見込まれさらに、売却により獲得した資金を新たな投資に回すことが可能になります。
会社を譲り受ける方法 →  譲受企業のメリットへ

>>  M&Aのメリットへ

M&Aの手順

提携をご希望の方

弊社は提携して下さるパートナーを募集しております。
弊社との提携にご興味のある方は、お問い合わせ、またはお電話にてご連絡下さい。

提携パートナー

疑問、不安、ご要望をお持ちの方は

株式会社トマック M&A事業部

0766-25-4533

平日 午前9時~午後5時